あなたのAGA(男性型脱毛症)の悩みや疑問に答える相談所

~オススメ『AGAクリニック』の無料カウンセリングを受付中!~

過激なダイエットは薄毛・脱毛に繋がるのか?

   

 

■ ダイエットが薄毛抜け毛に繋がるプロセスは?

ダイエットすれば薄毛抜け毛症になるというわけではありません。当然ダイエットすることが健康面からどうしても必要な時もあります。

(1)栄養不足は頭皮への栄養素の供給が後回しになる

ここでいうダイエットとは、手っ取り早く結果を出したいがために短期間に急激に体重を落とそうとして過度に食事制限するやり方をいいます。いわゆ
「過激ダイエット」のことです。

つまり誤解を恐れず思い切った言い方をすれば食べないということです。こんなやり方を継続していけば、摂取するエネルギー及び栄養素は大幅に減ること間違えありません。

そうすると、髪の毛に栄養分が行き渡らなくなり薄毛や抜け毛を原因となるというわけです。

無理に栄養摂取を制限するとハゲます!

過激ダイエットは体内に供給される栄養素が徐々にではなく急激に少なくなることであり、それは身体サイドからみれば一大事であり緊急に対処しなければならない事態といえます。身体としては本能的に危険を察知する状況です。

そうなるとどうなるか?

体内に運び込まれる栄養素が急に少なくなると、それらを全身のすみずみに行き渡すことができなくなるため、供給先を生命を維持するに必要な内臓系器官に優先され、生命維持には必要ない頭皮や髪の毛は後回しにされてしまいます。

そうなると、一気に供給不足になり毛母細胞の分裂が停滞してしまい、頭皮は老朽化し薄毛抜け毛に繋がる恐れが非常に高くなります。

思うに、仮に100步譲って短期間で体重の大幅減少を目論む過激なダイエットに成功したとしても、体のあちこちの重要器官はもちろん頭皮や髪の毛にマイナス影響が出てくること可能性が大きいです。

過激ダイエットは決して勧めません。

(2)ホルモンバランスが乱れることで薄毛抜け毛の可能性

男性は男性ホルモンな方がが、女性は女性ホルモンの方が適度な割合で多いのが正常なホルモンバランスです。ここでは男性をターゲットにしますが、そのバランスが乱れると心身に様々な影響を与えます。

ホルモンバランスが乱れる原因は「睡眠不足」「食生活の乱れ」「運動不足」「不規則な生活スタイル」などが上げられます。

なお、一番最後の原因は前三者と重なる面もありますが、ここでいうのは、人間は日が登ると起きて活動を始め、日が暮れたら活動をやめて寝るという人が本来持っていた生活のリズムが現代では大幅に損なわれていて、それが継続されることでホルモンのバランスが乱れる原因となりうるという意味です。

過度の食事制限をするダイエットは、食生活の乱れにあたり当然に体内の栄養バランスが崩れて、必然的にホルモンバランスも乱れやすくなります。

①男性ホルモンの分泌量が多くなった場合

もし、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンの分泌量がいつも以上に多くなると、AGA(男性型脱毛症)を発症する恐れが高まります。

男性ホルモンのほとんどを占める「テストステロン」は、体毛、ヒゲが生やし、男らしい体格(筋肉・骨格など)が築き、内面的には男らしい振る舞い、性格なども形成していきそれ自体は良いことです。

でも、そのテストステロンが還元酵素「5αリダクターゼ」によって、毛母細胞の働きを強力に抑制してしまう「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンの一種に変容してしまうことがあるのです。

そのDHTの影響によって毛母細胞の働きが減退してしまい発毛力や育毛力が失われていくのです。

だから男性ホルモンの分泌量が多くなればなるほどこの流れは顕著になるということです。

ただ、注意すべきことは、基本路線はこの通りだとしても、男性ホルモンが増えることが直ちに薄毛や抜け毛が導かれるという結論につながるわけではありません。そんな単純ではないのです。

その結論に至るまでの間には様々な要因が絡んでくるのが事実です。その点の詳しくは下記の記事を読んでください。
 

関連記事:詳しく知りたい方は「AGA」とは、どんな病気なの?

②男性ホルモンの分泌量が少なくなった場合

じゃあー、①で述べたことの正反対で男性ホルモンの分泌量が少ないと薄毛になりにくくなるのかというと、必ずしもそうとも限りません。

更年期障害は女性だけのものと思われがちですが、実は男性にもあります。そして男性更年期障害は男性ホルモンの分泌量の減少によって引き起こされます。

それによって疲労感や不眠などで体調不良に陥ったり、精神的には抑うつや焦燥感に駆り立てられるなど不安定感が増し、ひいては自らの体のコンディション作りや精神面のコントロールができにくくなるのです。

それがストレスとなって薄毛や抜け毛の原因となり得るのです。

要するに、男性ホルモンが多すぎる、あるいは少なすぎるといったことでホルモンバランスを欠くと決して発毛、育毛にいい影響を与えないということです。

(3)ダイエットのストレスでハゲる

食事制限のダイエットは思い通りに食べられないということで、大なり小なりストレスを感じるでしょう。

それが過激な食事制限となると、そのストレス感はさらにパワーアップし非常に大きな精神的負荷がかかります。これまで述べた(1)(2)は、ストレスを感じる具体的要因ですが、要はそれらにかかわらず何らかのことで大きなストレスを感じている場合には、それがもとに薄毛抜け毛を招くことは十分あり得ます。
 

■「AGAクリニック」おすすめランキング

 
進行性ある「AGA」に徹底的に抗っていこうと考えるならば「AGA」に関して最新の治療法を備えている「AGAクリニック」がオススメです。

どの「AGAクリニック」でも「無料カウンセリング」を設けているのが通常です。巷で売っている発毛剤育毛剤を使って全然効果が出なかった人は、少なくとも無料カウンセリングを受けて話だけでも聞いてみるのをオススメします。

カウンセリングでは、あなたの毛根・頭皮の状態を更に詳しく見るため、頭皮チェックを行って、あなたに合った薬や治療内容、そして一番の関心事の一つである費用の面をも含めて貴重な情報を詳細に説明をもらえます。

今まで考えもしなかった髪の毛に関する知識や髪の毛に対する考え方、向き合い方を得ることもできます。

各々「AGAクリニック」はそれぞれ特徴をもっているので、目星をつけた「AGAクリニック」の複数の無料カウンセリングを受けてみるのもいいかもしれません。

無料カウンセリングを受けたからといって、正式に治療をお願いしなければいけないなんてことはありません。十分に検討してからお願いするか否かを決めることができます。お願いしなければ無料で終了です。

下記の「AGAクリニック」では一応順位はつけましたが、どれも甲乙つけがたいものをもっていると当サイトでは評価している「AGAクリニック」です。よろしければ参考にしてみてくださいね。

 

●無料カウンセリング実施
●治療院は東京。但し遠隔診療(TV電話診察)で全国カバー。
●診療は予約制
●初診 再診料 TV診察料0円 血液検査3000円(TV5000円)
●プロペシア(1箱28錠)5500円

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「AGAヘアクリニック」は、2016年開院の新しいAGAクリニック。スマホによるテレビ電話によるオンライン遠隔診察ができるため、地方在住でも自宅にいながら診察や治療薬の処方を受けられます。また、東京千代田区の本院では来院から会計まで完全個室で対応のためプライバシーに配慮。費用はほぼ標準的で明瞭会計。

 

●無料カウンセリング実施
●治療院は全国5か所
●診療は予約制
●初診 再診料0円 血液検査5000円(1回)
●プロペシア(1箱28錠)初回価格3980円 2回目以降6000円

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「ヘアジニアス」では、発毛を最終目標とする「ヘアジニアプログラム」という独自の治療方法を採っています。これは一人一人の実情に合わせることができるオーダーメイドのタブレット(内服薬)とリキッド(外用薬)を処方し、食生活からシャンプーの仕方まで生活習慣全般を親身に指導していくので4ヶ月で発毛実感率99%という実績を維持します。

 

●無料カウンセリング実施
●治療院は全国51院(提携院も含む)。
●診療は予約制
●初診料0円 再診料0円 血液検査0円(ベイシックプラン)
●プロペシア(1箱28錠)初回価格4200円 2回目以降7000円

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「AGAスキンクリニック」は、発毛・育毛治療に特化した医院で業界最大手のAGAクリニックです。全国各地に展開していて提携院含めて51医院にのぼります。脱毛を防止するだけでなく発毛も希望される方には、AGAスキンクリニックではオリジナルの治療薬があります。さらに効果を促進するために様々な特別な施術を備えています。

 

 - 薄毛・抜け毛に関する悩み系