あなたのAGA(男性型脱毛症)の悩みや疑問に答える相談所

~オススメ『AGAクリニック』の無料カウンセリングを受付中!~

タバコ喫煙は薄毛・ハゲの原因になる噂ってホントなの!?

      2020/04/13

タバコは嗜好品ではありますが、タバコに含まれている有害成分の健康への被害は大きなものです。

タバコを吸っている方、いわゆる愛煙家の皆さんも当然タバコは身体によくないモノだと分かっているはずであり「でもやめられない!」ということでしょうが、身体を老化させる原因、狭心症や心筋梗塞になる原因、肺がんになる原因などなど、まさに「百害あって一利なし」といえます。

タバコには様々な有害成分が含まれていて、特に「ニコチン」「タール」「一酸化炭素」は三大有害成分と言われています。

●「ニコチン」⇒ 脳の中枢神経に働きかけタバコ依存症(飲酒のときは付きモノ、緊張時に一服、目覚めの一服など)を引き起こす物質です。とともに血管を収縮させて、血液の流れを悪くし動脈硬化を促進させ、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患にかかりやすくなります。
●「タール」⇒ タバコのフィルターに付着する粘着性ある茶色のヤニのことです。発がん性物質であり、タバコ1本に含まれるタールの量はごくわずかでも、長い年月にわたって蓄積されていくことによってガンに至るとされています。
●「一酸化炭素」⇒ タバコ煙のガス成分には、一酸化炭素が含まれています。一酸化炭素は、酸素よりもはるかに容易に赤血球中のヘモグロビンと結びついてしまうので、酸素を体のすみずみに運搬するという大切な働きを妨害してしまいます。

 
 

■ タバコは薄毛ハゲの原因となるのか?

 
上記に示したように、タバコが身体に悪影響を及ぼすというのはすでに周知の事実です。

ということは、頭皮、髪の毛も身体の一部ですから当然に悪影響を受けることになるのでしょうか?

結論から言うと、タバコは頭皮も髪の毛にも影響を与えて薄毛ハゲの一因になります。

「一因になる」というのは、タバコが薄毛ハゲの原因の一つであり、唯一の原因となるという意味ではありません。薄毛ハゲ症の原因は単純なものではなく普段の生活習慣(喫煙も含む)や遺伝なども含めて様々な面が絡んできます。

ただ、一因とはいえ大きな原因となりうる要素はもっていますし、薄毛ハゲ症の進行を促します。
 
 
しかも、一因であるからこそ、禁煙すれば薄毛ハゲが改善するというわけにはいきません。

薄毛ハゲ症の多くは「AGA(男性型脱毛症)」といわれていて、それが遺伝が引き金になっているか否かにかかわらず男性ホルモンの変容が主原因といわれ、髪の毛には一定周期で生え変わるヘアサイクル(休止期⇒成長期⇒退行期/2~6年)というのがあるのですが、それが乱れて髪の毛がまだ細く短く弱弱しい段階でもそこで成長期が終わってしまい最後には抜けてしまう症状です。

だから、男性ホルモンの変容に直接働きかけて改善する治療をしない限り改善は期待できないのです(AGA治療)。

 
 

■ タバコが頭皮や髪の毛に与える影響は?

 

(1) 血管を収縮させて血流を悪くさせる

タバコに含まれているニコチンには血管収縮作用があって、それによって末端の細い血管から収縮しが始まり血流を悪くさせます。

血液の流れが滞ると髪の毛に栄養を送る毛乳頭に必要な栄養素が届きにくくなります。

それは必然的に毛母細胞の髪の毛を作り出す細胞分裂を減退させ、髪の毛が生えてもそれは栄養素が行き届いていない成長できない髪の毛でありそのままで抜けていくことになります。

そして、髪の毛に害を与えるのはニコチンだけではありません。一酸化炭素も髪の毛に害を与えます。

その一服がハゲを招く・・・・

太くて健康的な髪の毛を生み出すには、栄養素とともに酸素も必要であり、赤血球中のヘモグロビンが酸素と結びついて、血流に乗って全身の各組織に酸素が運搬されます。

ところが、一酸化炭素が入ってくると一酸化炭素とヘモグロビンは酸素とヘモグロビンよりもはるかに結びつきやすく(200倍以上)、一酸化炭素が入ってくるとヘモグロビンは酸素を押しのけて一酸化炭素とくっついてしまい赤血球中の酸素が低下して、酸欠状態になってしまいます。

よって、酸素の運搬機能が損なわれてしまうのです。

以上、ニコチンによる血管収縮作用と一酸化炭素による酸素の運搬妨害作用によって、栄養素と酸素が頭皮や髪の毛に行き渡らなくなり、髪の毛の発毛・育毛に大きくマイナスになるのです。

(2) 男性ホルモンの分泌量が増加する

タバコを吸うと、男性ホルモンが増えるといわれています。

1291人の中年男性を無作為に抽出して、ハーバード大学の公衆衛生学部が調査したところによると、タバコを吸う人とタバコを吸わない人とを比べた場合、吸う人は吸わない人に比べてジヒドロテストステロン(DHT)が10%~30%増加するという結果が出たのです。

ジヒドロテストステロン(DHT)は男性ホルモンです。

男性ホルモンのテストステロンが還元酵素「5αリダクターゼ」と結びつくことによって、テストステロンが変容して生まれるのがジヒドロテストステロン(DHT)なのです。

このジヒドロテストステロン(DHT)がAGA(男性型脱毛症)を発症する元凶なのです。

このあたりは「AGAの発生原因」に繋がるので、これについて詳しく知りたい人は下記の記事を参照してください。

(3) ビタミンを大量消費する

ビタミン類は髪の毛を健康に保つために欠かすことのできない栄養素といえます(但し、ビタミンAは過剰摂取で薄毛脱毛の原因になる恐れあり)。

例えば、ビタミンCは健康的な頭皮とともに健康的な髪の毛を育成するのに必要なコラーゲンを作り出す機能を持ち、また抜け毛対策に重要な亜鉛の吸収を高めたり血管を拡張し血流を高めるビタミンEの吸収を高める働きも持っています。但し、ビタミンEの過剰摂取は髪の毛ではなく身体にマイナス作用の恐れあります。

また、ビタミンB群のうちB2・B6は細胞の新陳代謝を促し、髪の毛の成長に寄与します。それらをバランス良く摂取することが毛母細胞の細胞分裂を促進する栄養素となるのです。

でも、これらのビタミン類はタバコを吸うことによって大量に消費されてしまいます。

例えば、ビタミンCの通常の体内にたくわえられている量は1500mgといわれています。そして成人が1日に摂取すべきビタミンCの量は100mgといわれています。

ところが、タバコを1本吸うとビタミンc約25mgが消費されます。1日に一箱20本を吸うと500mg~1000mgものビタミンCが消費されてしまい、一気にビタミンC不足になりかねません。

このことはビタミンCだけではなく、ビタミンB群やビタミンEまでも消費してしまいます。

タバコやめますか?それともハゲしますか?

タバコを吸うと体内に先に述べた有害物質が入り込んできます。そしてそれらを攻撃するために活性酸素が発生します。

でも活性酵素には強い酸化作用があり、それは必要以上に増えてしまうと健康な細胞まで攻撃をしかけて、あたかも鉄が錆びるかのように細胞を老化させてしまうというとんでもないシナモノなのです。だから十分警戒すべき存在です。

ビタミンCは抗酸化作用をもっていてその活性酸素を分解する働きもします。もちろんそのこと自体はいいのですが、タバコを吸えば吸うほど活性酸素は増えていくので、先に数字で示したように、そのことで大量のビタミンCを消費してしまう恐れがあるのです。

その結果、ビタミン類の供給先は生命を維持するに必要な内臓系に優先され、頭皮や髪の毛は後回しにされる傾向にあるため一気に供給不足に陥り、頭皮は老朽化し、白髪や薄毛抜け毛に繋がる恐れが非常に高くなるのです。
 
 

■ 禁煙しながらの薄毛抜け毛対策は?

 
まずは、禁煙することが第一であり大前提です。先に述べたように、禁煙=薄毛抜け毛改善に直結することにはなりませんが、これを実施しなければお話になりません。

ただ、たばこは嗜好品であるためタバコをやめるために頑張ることが、ストレスを招きやすくかえって薄毛抜け毛を助長するケースを多々あります。これでは本末転倒です。

だから、一気に禁煙することは避けて、音楽を聴いてリラックスする機会を設けるとか、ジョギングといった軽めの運動を習慣化させるとか、必要に応じて禁煙グッズなどを利用してみるとかをしながら、禁煙によるストレス溜めないように工夫して自らのペースで節煙していくことが大切です。

このことは結構重要なことなので心に留めておいてください。

なお、どうしてもタバコがやめられないという人は、禁煙外来を行っているクリニックへ行ってみるのも一つの方法でしょう。条件をクリアできれば保険適用が可能です。

(1) 髪の毛に良い栄養素を含む食品をとること

薄毛でもないハゲ症でもない健康な髪の毛を育てていくには、必要な栄養素を含んだ食物をバランスよく摂取することが大切です。

ところで、髪の毛の成分の90%以上はタンパク質からできています

その中でも「硬質ケラチン」と呼ばれるタンパク質で髪の毛は作られているのです。

だから、タンパク質が不足するということは髪の毛を構成する元になるモノが足りないわけだから、その髪の毛は細く弱弱しくて薄毛抜け毛に突き進んでいくのは当然のこととなります。

だから、タンパク質を多く含む食べ物を積極的に摂ることが非常に重要となります。

特にダイエットをしている人は、タンパク質不足になりがちなので、その摂取量に注意する必要があります。

ただ、タンパク質の摂取が重要だからといってそればっかり食べているのでは良くありません。

タンパク質を髪の毛に変えて健康的に育っていくには、その他の栄養素としてビタミンや亜鉛・ヨウ酸などのミネラルも絶対に必要です。

亜鉛はこのタンパク質を合成をしてくれます。つまり、いくらタンパク質あってもタンパク質を合成してくれる亜鉛がなければ髪の毛が作られないのです。

また、亜鉛にはAGAの原因となる「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素を抑制する働きもあるのでこの働きも見逃せません。

ヨウ素は個々の細胞の新陳代謝を高める働きを持つので、毛母細胞を活性化し健康的な髪の毛の生成を促します。

以上、これらの栄養素を片寄ることなくバランスよく取り入れることが不可欠なのです。

タンパク質が多く含まれる食べ物は以下のとおりです。

卵・肉・大豆・ジャガイモ・白米・納豆・牛乳・ツナ・牛もも肉・豚もも肉・鶏胸肉・鮭・かつお・豆乳・木綿豆腐など

亜鉛が多く含まれる食べ物は以下のとおりです。

生牡蠣、レバー、魚介類、肉、チーズ、アーモンドなど

ヨウ素が多く含まれる食べ物は以下のとおりです。

圧倒的に海藻類で、昆布が群を抜いて含んでいます。次がひじきです。 わかめ、海苔にも含まれていますが、前の二つに比べて少ないです。

 

(2) AGAクリニックを受診してみる

薄毛ハゲ症を治療したいのであれば、AGA治療を行っているクリニックや皮膚科を受診するという方法があります。

AGA(男性型脱毛症)の発症メカニズムは医学的に解明されていて、それは男性ホルモンの変容が絡んでいることは冒頭述べた通りです。

したがって、繰り返しますが男性ホルモンに直接働きかける治療法でなければ効果は期待できません。巷で売っている発毛剤や育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリなどを摂取してもほとんどと言っても効果はないといってもいいでしょう。

その治療法を期待できるのがAGAクリニックなのです。

だから、人によってはタバコをやめるための禁煙外来とAGA治療を受信するためのAGAクリニックの二つの医療機関に通院することになるかもしれません。
 

■「AGAクリニック」おすすめランキング

 
進行性ある「AGA」に徹底的に抗っていこうと考えるならば「AGA」に関して最新の治療法を備えている「AGAクリニック」がオススメです。

どの「AGAクリニック」でも「無料カウンセリング」を設けているのが通常です。巷で売っている発毛剤育毛剤を使って全然効果が出なかった人は、少なくとも無料カウンセリングを受けて話だけでも聞いてみるのをオススメします。

カウンセリングでは、あなたの毛根・頭皮の状態を更に詳しく見るため、頭皮チェックを行って、あなたに合った薬や治療内容、そして一番の関心事の一つである費用の面をも含めて貴重な情報を詳細に説明をもらえます。

今まで考えもしなかった髪の毛に関する知識や髪の毛に対する考え方、向き合い方を得ることもできます。

各々「AGAクリニック」はそれぞれ特徴をもっているので、目星をつけた「AGAクリニック」の複数の無料カウンセリングを受けてみるのもいいかもしれません。

無料カウンセリングを受けたからといって、正式に治療をお願いしなければいけないなんてことはありません。十分に検討してからお願いするか否かを決めることができます。お願いしなければ無料で終了です。

下記の「AGAクリニック」では一応順位はつけましたが、どれも甲乙つけがたいものをもっていると当サイトでは評価している「AGAクリニック」です。よろしければ参考にしてみてくださいね。

 

●無料カウンセリング実施
●治療院は東京。但し遠隔診療(TV電話診察)で全国カバー。
●診療は予約制
●初診 再診料 TV診察料0円 血液検査3000円(TV5000円)
●プロペシア(1箱28錠)5500円

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「AGAヘアクリニック」は、2016年開院の新しいAGAクリニック。スマホによるテレビ電話によるオンライン遠隔診察ができるため、地方在住でも自宅にいながら診察や治療薬の処方を受けられます。また、東京千代田区の本院では来院から会計まで完全個室で対応のためプライバシーに配慮。費用はほぼ標準的で明瞭会計。

 

●無料カウンセリング実施
●治療院は全国5か所
●診療は予約制
●初診 再診料0円 血液検査5000円(1回)
●プロペシア(1箱28錠)初回価格3980円 2回目以降6000円

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「ヘアジニアス」では、発毛を最終目標とする「ヘアジニアプログラム」という独自の治療方法を採っています。これは一人一人の実情に合わせることができるオーダーメイドのタブレット(内服薬)とリキッド(外用薬)を処方し、食生活からシャンプーの仕方まで生活習慣全般を親身に指導していくので4ヶ月で発毛実感率99%という実績を維持します。

 

●無料カウンセリング実施
●治療院は全国51院(提携院も含む)。
●診療は予約制
●初診料0円 再診料0円 血液検査0円(ベイシックプラン)
●プロペシア(1箱28錠)初回価格4200円 2回目以降7000円

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「AGAスキンクリニック」は、発毛・育毛治療に特化した医院で業界最大手のAGAクリニックです。全国各地に展開していて提携院含めて51医院にのぼります。脱毛を防止するだけでなく発毛も希望される方には、AGAスキンクリニックではオリジナルの治療薬があります。さらに効果を促進するために様々な特別な施術を備えています。

 

 - 薄毛・抜け毛に関する悩み系