あなたのAGA(男性型脱毛症)の悩みや疑問に答える相談所

~オススメ『AGAクリニック』の無料カウンセリングを受付中!~

お酒(アルコール)は薄毛の原因になる!ホント!?

      2019/07/19


『お酒は薄毛の原因になる?』

お酒をこよなく愛する人にとっては、とんでもない説です。

人によっては怒り出しかねない主張です。

お酒は「百薬之長」と言われるくらいだから、適量ならば何も問題がないのでしょうが、過ぎた量を飲むと二日酔いでひどい目に合うとか、肝臓を悪くするとか、はすでに知られているところです。

肝臓を悪くするということは、場合によっては命にかかわることですから、ハゲくらいで済めばいい方ともいえるかもしれませんが・・・、

でも、ホントにお酒を飲み過ぎると薄毛につながるのでしょうか?

でも、お酒を飲むといってもあくまで飲み過ぎた場合に薄毛につながってしまうのではないか?ということです。適量なら問題はありません。ただ、適量かどうかは人によっては異なるのでなやましいところです。
 

 

■ お酒の飲み過ぎが薄毛につながるメカニズムは?

 

(1)「アセトアルデヒト」が薄毛を誘引する??

アルコールが体内に入ると胃(20%)や小腸(80%)で吸収され、それが肝臓に運ばれ「アセトアルデヒド」に分解され、さらにそれが「酢酸」に分解されて体外に排出されます。

「アセトアルデヒド」とは、酒好きの人ならば誰でも経験がある二日酔い(頭痛や吐き気など)の原因物質として知られているものですが、二日酔いだけでなく様々な疾患の原因となりうる有害物質なので、いち早く分解して体外に排出しなければなりません。

そのために必要なのは「アミノ酸」「ビタミンB」です。

飲酒の量が多ければ多いほどアルコールの分解に必要な「アミノ酸」と「ビタミンB」の量も多くなります。

でも、この「アミノ酸」「ビタミンB」はしっかりとした健康的な髪の毛にするために必要不可欠の栄養分でもあるので、アルコールの分解に大量の「アミノ酸」「ビタミンB」が使われてしまうと、髪の毛の栄養にまわる分が少なってしまい、それが抜け毛や薄毛につながっていく恐れがあります。

さらにいうと、飲酒の量があまりに多すぎると「アセトアルデヒド」の量も増えていき、分解しきれない「アセトアルデヒド」がでてきます。

それが二日酔いに発展するのですが、髪の毛にもっと重大なのは男性ホルモンの「テストステロン」が「ジヒドテストステロン」という別個の男性ホルモンに変容しやすくなってしまうことです。

そして、この「ジヒドテストステロン」がこそが、まさに髪の毛の成長作用を損ない脱毛作用を促進させる悪玉男性ホルモンであり、AGA(男性型脱毛症)はこの男性ホルモンの変容がもたらす疾患といえます。

もっとも「テストステロン」が「ジヒドテストステロン」に変容する直接の原因は、還元酵素の「5αリダクターゼ」が「テストステロン」と結合することですが、「アセトアルデヒド」はこの還元酵素である「5αリダクターゼ」を大量に生成させることで脱毛作用を促進してしまうのです。

ただ、分解しきれなかった「アセトアルデヒド」が何らかの作用で「5αリダクターゼ」を生成し「テストステロン」を「ジヒドテストステロン」に変容させてしまうというそのメカニズムは未だはっきりと解明されてはいません。

だから、専門医の中には「お酒が薄毛の直接の原因になることはない」と説いている人もいます。実際に、アルコール依存症の人が皆さん薄毛であるということはない、と主張しています。

これについては、今後の研究に委ねるしかありませんが、一応、ここでは「飲酒⇒薄毛・抜け毛に繋がる恐れがある」という説に乗っかります。

でも、お酒を飲むといってもあくまで飲み過ぎた場合に薄毛につながってしまうのではないか?ということです。適量なら問題ないということです。
 

 
以上、述べたように、肝臓は「アセトアルデヒド」解毒するために大量の「アミノ酸」「ビタミンB」を消費します。と同時に、これらの栄養素は健康的な髪の毛の発毛・育毛に欠かすことのできないモノでもあります。

だから、解毒の為だけに大量に消費されると、髪の毛に必要な栄養素が行き渡らない恐れが出てきます。

付き合いなどでお酒を飲むことが多い場合は、髪の毛を守るために「アミノ酸」「ビタミンB」さらに「亜鉛」を多く摂っておく必要があります。

・「アミノ酸」は、髪の毛を強くするたんぱく質を豊富に含み、髪を切れにくく丈夫にします。
・「ビタミンB」は、アミノ酸の働きを側面から助けて新しい髪の毛を作り上げます。
・「亜鉛」は、皮膚や髪もタンパク質からできています。そのタンパク質の代謝を促して、皮膚や髪のトラブルを改善します。

 

(2)適量なお酒ならオススメ ~適量とはどのくらい?~

基本的には、お酒は肝臓にとってマイナス要因となります。

でも、薄毛になるのを防ぐために、お酒の好きな人が禁酒をしなければならないということになれば、それはとても酷というものです。

好きなお酒を無理にやめたことが、かえってストレスが溜まってそれが薄毛、抜け毛を誘引することだってあり得ます。あくまでストレスを溜めないことを目的に適量を前提に飲酒することは問題はないでしょう。

そこで問題となるのは、お酒を飲む「適量」とはどのくらいでしょうか?

厚生労働省が推進する国民健康づくり運動「健康日本21*」によると「節度ある適度な飲酒量」は純アルコールで1日当たり平均約20gに相当する飲酒量といわれています。下記のの表はそのだいたいの目安を表したものです。

● ビール 中ビン1本(500ml)
● 日本酒 1合(180ml)
● ウィスキー ダブル1杯(60ml)
● 焼酎(25度) グラス1/2杯(100ml)
● ワイン グラス2杯弱(200ml)
● チューハイ(7%) 缶1本(350ml)

なお、上記に表のように目安ではなく、自分の飲酒量をきっちりと守りたいと考えている人には、下記の計算式を使えばアルコールの比重も考慮した純アルコール量を算出することができます。

お酒の量(ml)×アルコール度数/100×0.8(アルコールの比重)=純アルコール量(g)

例えば、アルコール度数5%のビールロング缶1本(500ml)に含まれる純アルコール量の値はこのようになります。⇒500ml×5/100(=5%)×0.8=20g

ちなみに、厚生労働省が発表している「健康日本21(第二次)**」によると、「生活習慣病のリスクを高める飲酒量」(いわゆる飲み過ぎ)は1日当たりの純アルコール摂取量が「男性で40g以上、女性で20g以上の人」と定義しています。

(3)適量の酒量を正しく飲む方法

仮に、お酒の適量を把握していたとしても、人はそれぞれ体調というものがあって、その日のコンディションによって酔い具合が左右されてきます。同じ飲酒量であっても酔い方がことなってきます。その点はしっかりとした自己管理に委ねるしかありません。

そういったなか下記の事は最低限守っていくことが必要です。

① すきっ腹で飲酒しないこと
② ゆっくりと食事をしながら飲酒すること
③ アルコール度数が高いお酒は薄めて飲むこと
④ 休肝日をもうけること(一週間に2日くらい)

 
 

■「AGAクリニック」おすすめランキング

 
進行性ある「AGA」に徹底的に抗っていこうと考えるならば「AGA」に関して最新の治療法を備えている「AGAクリニック」がオススメです。

どの「AGAクリニック」でも「無料カウンセリング」を設けているのが通常です。巷で売っている発毛剤育毛剤を使って全然効果が出なかった人は、少なくとも無料カウンセリングを受けて話だけでも聞いてみるのをオススメします。

カウンセリングでは、あなたの毛根・頭皮の状態を更に詳しく見るため、頭皮チェックを行って、あなたに合った薬や治療内容、そして一番の関心事の一つである費用の面をも含めて貴重な情報を詳細に説明をもらえます。

今まで考えもしなかった髪の毛に関する知識や髪の毛に対する考え方、向き合い方を得ることもできます。

各々「AGAクリニック」はそれぞれ特徴をもっているので、目星をつけた「AGAクリニック」の複数の無料カウンセリングを受けてみるのもいいかもしれません。

無料カウンセリングを受けたからといって、正式に治療をお願いしなければいけないなんてことはありません。十分に検討してからお願いするか否かを決めることができます。お願いしなければ無料で終了です。

下記の「AGAクリニック」では一応順位はつけましたが、どれも甲乙つけがたいものをもっていると当サイトでは評価している「AGAクリニック」です。よろしければ参考にしてみてくださいね。

 

●無料カウンセリング実施
●治療院は東京。但し遠隔診療(TV電話診察)で全国カバー。
●診療は予約制
●初診 再診料 TV診察料0円 血液検査3000円(TV5000円)
●プロペシア(1箱28錠)5500円

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「AGAヘアクリニック」は、2016年開院の新しいAGAクリニック。スマホによるテレビ電話によるオンライン遠隔診察ができるため、地方在住でも自宅にいながら診察や治療薬の処方を受けられます。また、東京千代田区の本院では来院から会計まで完全個室で対応のためプライバシーに配慮。費用はほぼ標準的で明瞭会計。

 

●無料カウンセリング実施
●治療院は全国5か所
●診療は予約制
●初診 再診料0円 血液検査5000円(1回)
●プロペシア(1箱28錠)初回価格3980円 2回目以降6000円

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「ヘアジニアス」では、発毛を最終目標とする「ヘアジニアプログラム」という独自の治療方法を採っています。これは一人一人の実情に合わせることができるオーダーメイドのタブレット(内服薬)とリキッド(外用薬)を処方し、食生活からシャンプーの仕方まで生活習慣全般を親身に指導していくので4ヶ月で発毛実感率99%という実績を維持します。

 

●無料カウンセリング実施
●治療院は全国51院(提携院も含む)。
●診療は予約制
●初診料0円 再診料0円 血液検査0円(ベイシックプラン)
●プロペシア(1箱28錠)初回価格4200円 2回目以降7000円

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「AGAスキンクリニック」は、発毛・育毛治療に特化した医院で業界最大手のAGAクリニックです。全国各地に展開していて提携院含めて51医院にのぼります。脱毛を防止するだけでなく発毛も希望される方には、AGAスキンクリニックではオリジナルの治療薬があります。さらに効果を促進するために様々な特別な施術を備えています。

 

 - 薄毛・抜け毛に関する悩み系