あなたのAGA(男性型脱毛症)の悩みや疑問に答える相談所

~オススメ『AGAクリニック』の無料カウンセリングを受付中!~

薄毛が気になったら『AGA 男性型脱毛症』を疑え!

 
 

■ もちろん「ハゲ」なんかになりたくないさっ!

 
ハゲとは『加齢、疾患及び投薬の副作用、やけど、遺伝等を要因として髪の毛が薄い、もしくは全くない頭部をいう』といわれます。(by Wikipedia)

思うに、「ハゲ」という言葉、今では結構使われてしまっている言葉ですが、強烈な侮蔑感ある言葉ですよネ。

しかも 「ハゲ」だと

  『モテない!・ 結婚できない!』
  『いい就職、出世が望めない!』
  『おしゃれができない!』
  『人生を楽しめない!』

と言われちゃったりして、本当に不名誉な言い回しがなされます。

もちろん、必ずそうなると言っているわけではありません。「ハゲ」のままでも克服した人もたくさんいるし、言ってしまえば、要は「気の持ち用」です。

とはいえ、気持ちの持って行き用は人それぞれだしできない人もいます。

ところで、下記の図にあるように、女性は彼氏や婚約者が薄毛ハゲになった場合は80%もの女性が治すことを勧めたいと思っています。
 

 
「人は中身だっ!!」「髪の毛の量で人生が決まってたまるか!」と言いたい気持ちはまさにその通りだし重々分かりますが、最初の出会いは見た目、外見ですから「ハゲ」は重大なハンディキャップを負うのは事実です。

だから「人生これから!」という男性がこの薄毛感、抜け毛感を視覚で感じ始めたら(若ハゲを意識したら)ショックで結構落ち込みます。

最初は前髪をほど良く前に下すとか、反対に前髪にボリューム感を持たせてアップさせて薄毛ハゲではなく単におでこが広い人に見せるとか、色々工夫してカモフラージュしたり、何げなく帽子を多用したり他人に気づかれないように隠すでしょう。

世の中には様々なヘアケア関連商品が出ていますが・・・

そして、このままではハゲ坊主になっちまうと恐怖を覚え始めたら「成るようになれ!」と開き直っちゃう人もいれば、まずは近所のドラックストアーなんかで売っている名の通った「育毛剤」「育毛シャンプー」「育毛サプリ」「頭皮マッサージ」といったヘアケア商品を購入して悲惨な近未来予想図をなんとか回避しようと必死になる人もいます。

ただ、巷のヘアケア商品に結果的に20万~30万とつぎ込みながらも期待した効き目を全く得られなかった人も結構いらっしゃるはずです。

鏡を見るたびに、あたかも森林地帯が徐々に浸食されて砂漠化していくかのように、地肌むき出し部分が少しづつですが広がっていく有り様を見て背筋がゾッとしますよネ。
 
 
加齢での薄毛はしょうがないけど、
この歳で「ハゲ」になるのは絶対イヤだ!

そう思っている人は、薄毛脱毛症についてちょっと調べてみてください。

今の薄毛脱毛症に関する医学的研究はかなり進んでいます。

後から詳しく述べますが、

今は、薄毛の原因、薄毛になっていく仕組み、髪の毛が細くなる仕組みなどの薄毛脱毛の発症メカニズムがかなり解明されています。

そしてそれを改善させるための科学的・医学的根拠に基づいた治療薬の研究はかなり進んでいることがわかるはずです。

そして、薄毛ハゲ症のなかで最も多いといわれるAGA(男性型脱毛症)を専門に治療する医療機関(いわゆるAGAクリニックといいます)もあちこちに出来ていることを知るはずです。

しかも、そのどの医療機関も無料でカウンセリングをやってくれます。その機会は非常に貴重であり、それを大いに利用して改善可能性ある治療に取り組むことができるようになりました。
 
 

■ 「薄毛症」の90%は「AGA(男性型脱毛症)」

 
一言、薄毛症 脱毛症といっても色んな症状があって「若年性脱毛症」とか「円形脱毛症」とか「圧迫性脱毛症」とか、大きく分けて10種類くらいあるようです。

しかも、それぞれ原因、症状、治療法が異なっていて、なんとか改善させたいと思っているならば、自分の症状がどれに当たるのか明確に理解して適する治療法をとることが絶対条件となります。

そういったなか、数ある薄毛症のうち最も多いのが「AGA (男性型脱毛症)」といわれています。

(1)「AGA(男性型脱毛症)」とは、どんな病気なの?

「AGA」って、最近ではテレビCMとか雑誌なんかでAGAクリニックの宣伝で登場するので、世間的に大分知られてきたと思います。

「AGA」とは【Androgenetic Alopecia(アンドロジェネティック アロぺシア)】の略で日本語では、すでに述べているように「男性型脱毛症」と呼ばれています。

「AGA」は思春期以降の成人男性に多くみられる髪の毛が薄くなる疾患です。

主に前頭部の額の生え際から(これもM字型 U字型の2つある)、または頭頂部のつむじ周辺のてっぺんから、あるいはその両方から抜け毛が始まり、時間をかけて少しずつ薄毛が進行していくのが特徴で、なにかしら適切な手立てを取らないかぎりその進行はくい止めることはできません(進行性脱毛症)

「AGA」には進行性があります。

出典 custom life

放っておくと最後には頭頂部、前頭部の髪の毛はかなり高い確率で完全消滅してしまいます。だから、AGAと診断されたら早い段階でAGA専門の治療を受ける必要があります。ただ、側頭部や後頭部は髪の毛が残るケースが多いといわれています。

AGAは今現在1260万人もの患者がいると言われていて、世の男性陣の5人に1人はAGAであり、日本人の薄毛脱毛症の中で最も多い頭髪に関する疾患と言われています。
 
「AGA」は最も多く最も厄介な薄毛症なのです。
 
下記のグラフは2013年のAGA統計です。

それをみるとAGAは年齢が上昇するにつれて、明らかに発症率が上がっていくのが分かります。特に発症率が一気に上昇しているのが40代からだという点が特徴的です。

この年代はまさに働き盛りであり、仕事での責任を負う範囲が広がるとか、責任の重さが増えるとかで、ストレスを抱えることが多いこと。その繋がりで生活習慣が乱れることが多くなるということから、それがAGA発症が増える一因になっていると思われます。
 

また20代30代という若い世代でもそれぞれ6%、12%とAGAの発症が見られます。この年代での人間関係のストレス、若い年代だからこその皮脂の分泌量が多くなることなどが相まって頭皮環境の悪化を招き、若い世代であってもAGAの発症が十分あり得るのです。
 

(2)「AGA」の発症メカニズム~原因 (男性ホルモンの変容)

「AGA(男性型脱毛症)」の発症メカニズム(原因)はまだ完全ではありませんが、ほぼ解明されました。それによってAGAに対する効果的な治療方法ができるようになったのです。

したがって、私たちが発症メカニズムを大まかにでも知ることは、中・長期戦になるであろうAGA克服に向けて決してマイナスではありません。

さて、

「AGA」の主要な発症原因は【男性ホルモンの変容】といわれています。そしてAGAは【遺伝】とも関連しています。

さらに、【強度のストレス、不摂生な食生活といった生活環境の乱れ】による頭皮環境の悪化からAGAの発症を助長・促進してしまうケースもあると考えられています。

「AGA発症原因は上記の3つが考えられます」

人によっては複数の要因が重なってしまっている場合も多々あります。

AGAの直接の原因は男性ホルモンの変容を受けて、毛母細胞に成長抑制因子が働きヘアサイクルを短縮させます(後述)。

遺伝と生活習慣の乱れによる発症については別稿に譲って、ここでは「男性ホルモンの変容」に絞って述べていきます。

思うに、外見内面を問わず男らしさを形づくるに男性ホルモンは男にとって必要です。

にもかかわらず、そのホルモンの影響で薄毛ハゲ症になってしまうかもしれないなんて、なんと皮肉な事態といえるのではないでしょうか。

とはいっても、男性ホルモンの変容がAGAの原因に関係していることは医学的に証明されていることで、AGA治療はそこに狙いを絞った専門の治療を受けなければ改善しないことになります。

なぜ、男性ホルモンが「AGA」の原因になってしまうのでしょうか?

男性ホルモンには、特に体毛、ヒゲ、体格(筋肉・骨格など)、あるいは性格などを男らしくする働きをもつ「テストステロン」というホルモンがあって、それは全男性ホルモンの95%を占めています。そして、AGAの発症はこのホルモンの作用で起こるとされています。

ただ、その分泌量が多いからといってそれ単体で直ちに「AGA」発症につながるわけではありません。そもそも「テストステロン」は後から述べます男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」と比べた場合、むしろ必要な善玉の男性ホルモンなのです。

※「テストステロン」はその役割からして、健康状態が良く生殖能力が高い男性には多く分泌されていることから、俗に「モテ・ホルモン」といわれています。

そもそも人間は男性ホルモンの多さを嗅ぎ付ける能力が備わっていると言われていて、「テストステロン」が多い男性は、女性からモテるし、男性からも支持される傾向にあると言われています。つまり「テストステロン」には、男女問わず人を惹きつける力を持っているのです。

「テストステロン」は、主に睾丸で作られ血液を介して全身にめぐりますが、その一部が毛細血管を通じて毛乳頭細胞に入っていくと毛乳頭あるいは皮脂線から分泌される「5αリダクターゼ」という還元酵素と結合して、先にもちょっと触れた「ジヒドロテストステロン(以下 DHTと呼ぶ)」というより強力な男性ホルモンに変容してしまうのです。

結論を先にいうと、この「DHT」が髪の毛を生み出す毛母細胞の働きを減退させる強力な脱毛作用をもっていて「AGA」を引き起こすの最大の原因といわれています。

とはいっても、この「DHT」が過剰に作りだされても、それだけで直ちにAGA薄毛脱毛症になるわけではありません。しかも「DHT」が直接毛母細胞を攻撃して薄毛脱毛を促すわけではありません。

「DHT」は毛乳頭細胞内にある「男性ホルモンのレセプター(受容体)」と結合することで「DHT」が強力な成長抑制因子(脱毛因子)の「TGF-β」を作り出します。そして、この「TGF-β」が毛乳頭に「髪の毛を抜け!つくるな!」という脱毛指令を同じ脱毛因子の「FGF-5」に発し、その「FGF-5」がまさにその脱毛指令のスイッチONの役目を果たすのです。

脱毛指令を受けた毛母細胞は細胞分裂をだんだんと抑えられていき、髪の毛は細く短いままで生成も著しく減少し、ひいては脱毛していくのです。

※「レセプター(受容体)」とは?
一般論として『生物の体にあって外部からあるいは体内の何かしらから何らかの影響を受け取りその効果を利用できるようにする仕組みを持った物質をいいます』

生成された「DHT」は薄毛に導く悪玉の男性ホルモンであり、身体内に「男性ホルモンのレセプター(受容体)」を持っているか否かで薄毛になるかならないかの分かれ道になります。
つまり、レセプター(受容体)を持つと「DHT」の効果を受け入れやすくなるということです。そうなると「DHT」と「セレプター」とは容易にくっついて、そこからDHTの影響を受け易くなりその効果を受け入れ「TGF-β」を生成して薄毛になる恐れを生じます。
それに対して、持っていないといくらDHTが過剰にあって活発であっても影響はうけにくく薄毛になりにくいという状況になります。
つまり「男性ホルモンのレセプター(受容体)」とは、毛乳頭細胞内にあってDHTからの影響を受けその効果を受け入れやすくする物質であり、これをもっているといないとでは大きな違いがでてくるのです。

出典 https://aga-treatment.life/propecia/finasteride_fetus_influence

 

 

(3)「AGA」はヘアサイクルを乱します

そもそも髪の毛1本1本には寿命があって、伸びては抜け、また新しい毛髪が生える、それがまた抜けて新しいのが生えてくるという成長サイクルを繰り返しています。これを「ヘアサイクル」とよんでいます。

「ヘアサイクル」は「成長期⇒退行期⇒休止期」の三つの段階に区別することことができて、それが円を描くようにグルグルと繰り返されていくのです。

つまり、十分な成長期(2~6年)を経た髪の毛はやがて退行期(2週間)を迎えて成長が止まります。そしてそれは新たな髪の毛が生えてくるための準備期間である休止期(3~4ヶ月)に繋がっていくのです。

●正常なヘアサイクルの場合  (AGAスキンクリニック画像提供)

そして、また生えてきた髪の毛は再び2~6年をかけて成長期を迎えて育っていきます。

ところが「DHT」が先に述べた一定のプロセスを経ることで薄毛脱毛症を導くのですが、このことはこの正常なヘアサイクルを乱すということを意味します。

「DHT」が生成する成長抑制因子のTGF-βは、ヘアサイクルの成長期を短くしてしまう作用(脱毛指令を出す)があって、本来なら2~6年ある正常なヘアサイクルが数か月から1年という短い期間で成長期を終えさせて十分に成長しないまま一気に退行期に突き進んでしまうのです。

「AGA」は【ヘアサイクルが乱れる病】です。

この正常ではない短縮されたヘアサイクルが繰り返されていくと、十分に成長しきれていない細くて短くて、そしてコシがなく弱弱しい毛が多くなり、ひいては抜け毛も増えていき、やがて頭髪には地肌が透けて目立つようになり、傍から見て髪の毛がないように見えてしまうのです。

●正常ではないヘアーサイクルの場合  (AGAスキンクリニック画像提供)

放っておくと、最終的には側頭部と後頭部を除いた前頭部から頭頂部にかけて毛がない見事なハゲ状態になってしまいます。先に示したAGAの進行プロセス図でいえば「Ⅳ」にあたります。

以上がAGAの発症メカニズムです。

繰り返しますが「テストステロン」がどんなに増えようとも、あるいは増やそうとも、それ単独ではAGAは発症しません。

あくまで「テストステロン」が還元酵素「5αリダクターゼ」と結び付つくことによって「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変容し、そして先に述べた「男性ホルモンセレプター(受容体)」が持っていることを条件に悪さをして薄毛脱毛を導くのです。

※では、そんな「DHT」はなにか役立つことをあるのでしょうか?実は「DHT」はまだ胎児の段階での男性器を正常に成長させる働きをしているのです。もし、胎児の段階で「DHT」が不足してしまうと胎児の男性器は発達不全になってしまいます。そういった点で「DHT」は非常に重要な存在です。ただ、それは未だ母体の中にいる胎児の男性器の時であって、母体の外、つまり生まれた男性にとっては「DHT」は一転して厄介ものになってしまうのです。生まれた後は「DHT」よりも「テストステロン」の方が、男らしい体つきを築くための必要な男性ホルモンになるのです。

「DHT」は上記に示す通り、生まれる前の胎児のときはその成長に非常に大きな役割を果たしますが、生まれた後は無意味な存在となります。というよりもむしろ悪さをする厄介ものといってもいいくらいなのです。その悪さをする一つが「AGA」の発症なのです。

※因みに「DHT」でAGAの発症以外で男性の体に起こす厄介な症状は下記が考えられます。
● 前立腺肥大
● 精力減退
● 肌のニキビ
● 体毛やヒゲの増加

「DHT」のせいで髪の毛に関しては薄毛脱毛症になるけど、体毛やヒゲが濃くなってしまう。
※参考記事→「ヒゲや体毛が濃い人ほど薄毛やハゲになり易い・・・」という噂はホント?

 
 

■「AGAクリニック」はなぜ効果が高いのか?

 
AGAは、進行性があって、巷の育毛剤や育毛シャンプー、育毛サプリメントでは効果を期待できなく、かつては加齢現象の一つとか、遺伝現象の一つとされ諦めざるを得ない薄毛脱毛症でした。

でも、安心してください!諦める必要はありません!
今は画期的な「薬」が開発されています!!

すでに述べてきたように、今ではAGAの発症メカニズムが科学的にほぼ解明されていて、そこから高い確率で回復できる画期的な「薬」が開発されています。

それは何かというと「フィナステリド」「デユタステリド」「ミノキシジル」という三つの薬効成分です。

「フィナステリド」が含有されている薬品名は「プロペシア(正規品)」。「デュタステリド」が含有されている薬品名は「ザガーロ(正規品)」といわれています。両者とも内服薬で厚生労働省の認可を得ています。「ミノキシジル」については厚生労働省の認可を得ているのは外用薬(例えば大正製薬の「リアップ」)のみで内服薬は認可を得ていません。

それとともに、

今では、宣伝効果もあって「AGAクリニック」が目につくようになりました。
 

 
「AGAクリニック」はAGA改善へ向けての専門知識と経験を備えた純然たる医療機関です。

治療して下さる先生方は医師の資格を持っている専門医です。そのAGA治療法はすべて医学的根拠に基づいた医療行為であり、その効果も医学的に証明されています。

具体的な医療行為は、先に掲げた治療薬「フィナステリド」と「デユタステリド」と「ミノキシジル」の三つの処方をベースに、あとは各々の「AGAクリニック」が個々に編み出した治療法を実践されます。

もちろん個々人の症状が違うわけですから、薬の処方の仕方はもちろんのこと、専門医として備えた豊富の知識と経験に裏付けられた判断力で一人一人に合った治療方法の実施していきます。基本は投薬治療となります。

これらをすべてひっくるめたのが「AGAクリニック」が行うAGA治療であり、このことがAGAの改善率を高くさせているのです。

「AGAクリニック」でのAGA治療を受けて約8割近くの人が、第三者の目で見て十分にわかるほどの発毛増毛・育毛効果が得られるとの調査結果があります。

ただ、年齢やAGAの進行度合いによってはいくらAGA治療を施しても改善できないことがあります。

よく頭がツルツル光っている見事なハゲ頭の人をよく見かけますが、そのような人は毛根が死んでしまっている状態なのでもはや改善は無理です。

まだ、毛根が死ぬ前で、しかもできるだけ早い時期にAGA治療を始めれば始めるほど効果は上がってきます。

ただ、残念ながらAGAは一度発症してしまうと「完治」することはないといっていいでしょう。だから、AGA改善した後も当初の治療法とは異なってくるとしても継続的な治療が不可欠となります。

※「AGAクリニック」と似たようなもので「育毛サロン」「育毛マッサージ」があります。でも、これらは医療機関ではありません。よって医療行為ができません。だから、医薬品である「フィナステリド」「デユタステリド」「ミノキシジル」を処方することもできません。これらは、頭皮マッサージとか、その人に合ったシャンプーの選び方、シャンプーの仕方とか、頭皮によいサプリメントの案内といった、正しいヘアケアーに関する情報提供とか体感できたりするところです。
だから、健全な頭皮環境を保つためのメンテナンスを実施するところであり、薄毛脱毛を改善させることは期待できません。

 
 

■「AGAクリニック」おすすめランキング

 
進行性ある「AGA」に徹底的に抗っていこうと考えるならば「AGA」に関して最新の治療法を備えている「AGAクリニック」がオススメです。

どの「AGAクリニック」でも「無料カウンセリング」を設けているのが通常です。巷で売っている発毛剤育毛剤を使って全然効果が出なかった人は、少なくとも無料カウンセリングを受けて話だけでも聞いてみるのをオススメします。

カウンセリングでは、あなたの毛根・頭皮の状態を更に詳しく見るため、頭皮チェックを行って、あなたに合った薬や治療内容、そして一番の関心事の一つである費用の面をも含めて貴重な情報を詳細に説明をもらえます。

今まで考えもしなかった髪の毛に関する知識や髪の毛に対する考え方、向き合い方を得ることもできます。

各々「AGAクリニック」はそれぞれ特徴をもっているので、目星をつけた「AGAクリニック」の複数の無料カウンセリングを受けてみるのもいいかもしれません。

無料カウンセリングを受けたからといって、正式に治療をお願いしなければいけないなんてことはありません。十分に検討してからお願いするか否かを決めることができます。お願いしなければ無料で終了です。

下記の「AGAクリニック」では一応順位はつけましたが、どれも甲乙つけがたいものをもっていると当サイトでは評価している「AGAクリニック」です。よろしければ参考にしてみてくださいね。

 

●無料カウンセリング実施
●治療院は東京。但し遠隔診療(TV電話診察)で全国カバー。
●診療は予約制
●初診 再診料 TV診察料0円 血液検査3000円(TV5000円)
●プロペシア(1箱28錠)5500円

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「AGAヘアクリニック」は、2016年開院の新しいAGAクリニック。スマホによるテレビ電話によるオンライン遠隔診察ができるため、地方在住でも自宅にいながら診察や治療薬の処方を受けられます。また、東京千代田区の本院では来院から会計まで完全個室で対応のためプライバシーに配慮。費用はほぼ標準的で明瞭会計。

 

●無料カウンセリング実施
●治療院は全国5か所
●診療は予約制
●初診 再診料0円 血液検査5000円(1回)
●プロペシア(1箱28錠)初回価格3980円 2回目以降6000円

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「ヘアジニアス」では、発毛を最終目標とする「ヘアジニアプログラム」という独自の治療方法を採っています。これは一人一人の実情に合わせることができるオーダーメイドのタブレット(内服薬)とリキッド(外用薬)を処方し、食生活からシャンプーの仕方まで生活習慣全般を親身に指導していくので4ヶ月で発毛実感率99%という実績を維持します。

 

●無料カウンセリング実施
●治療院は全国51院(提携院も含む)。
●診療は予約制
●初診料0円 再診料0円 血液検査0円(ベイシックプラン)
●プロペシア(1箱28錠)初回価格4200円 2回目以降7000円

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「AGAスキンクリニック」は、発毛・育毛治療に特化した医院で業界最大手のAGAクリニックです。全国各地に展開していて提携院含めて51医院にのぼります。脱毛を防止するだけでなく発毛も希望される方には、AGAスキンクリニックではオリジナルの治療薬があります。さらに効果を促進するために様々な特別な施術を備えています。

 

公開日:
最終更新日:2020/04/02